アンチエイジング化粧品の選び方

肌のお手入れを20代の頃から変わらずしていたにも関わらずとも、40代に入ってから肌の悩みが増えたという人は多いはずです。

それは40代が一番お肌の変化のみならず、身体の変化がある年齢だからです。

肌のハリや弾力の元であるコラーゲンが生成されにくくなるのです。

そういった40代の肌トラブルを改善するために、今までの化粧品からアンチエイジング化粧品に替えてみましょう。

その際に重要となるポイントとして、インターネットなどでアンチエイジングと検索すれば膨大な数がヒットし、一つクリックして中を覗いてみるとここの商品は良いかもしれないとすぐに思い込んでしまいます。

どんな商品サイトもそのような上手い言葉で書かれていますので、それだけを購入の際の判断基準にしないでほしいのです。

まず、大切なのは自分の肌トラブルの原因となっているものが何なのかを把握する事です。

原因には大きく分けると、乾燥や酸化、糖化、光老化、菲薄化の5つがあります。

それぞれの原因に対して合っているアンチエイジング化粧品は違いますので、お化粧品売り場などで1度肌チェックをしてもらう事をお勧めします。

20代、30代の頃まではあったはずの肌のハリや弾力といったものが、30代からシワが気になり始め、40代でハリを感じなくなるという瞬間は誰しもが経験するものです。

40代だけどまだ実感していないという人は、自分の肌の変化にあった化粧品を使うことができていると言えます。

お肌の老化には5つの要因があります。

一つ目は酸化ですが、呼吸で取り込んだ酸素がエネルギーとして使われなかったものが、脂質と結合することによって細胞を酸化させます。

二つ目は乾燥です。

コラーゲンの減少により肌の乾燥を引き起こします。

三つ目は糖化で、食べ物に含まれる糖と体内のたんぱく質が結合し、それが体内に蓄積されることでコラーゲンを固めてしまうのです。

四つ目は菲薄化といい、コラーゲンが減少し皮が薄くなるという現象です。

最後は紫外線の影響で肌にシミやたるみなどを引き起こすという光老化です。

一人一人肌トラブルの要因が違うため、その要因に合ったアンチエイジング化粧品選びがとても大切です。

こちらのサイトではこれら5つの要因に合うアンチエイジング化粧品が紹介されています。

アンチエイジング化粧品のこともっと知りたくないですか?

とても分かりやすい解説つきですので参考にしてみて下さい。